泌尿器科

排尿関連を中心とする泌尿器疾患に対して泌尿器科専門医として適切、丁寧な診察を心がけます。
長年ご苦労されている症状等、気軽にご相談ください。

泌尿器科の主な症状

  • 尿の回数が多い
  • 排尿痛
  • 夜間に排尿で目が覚める
  • 尿の勢いが弱い
  • 尿が漏れる
  • 尿が赤い
  • 突然背中が痛む
  • 尿道・睾丸が痛い

泌尿器科

疾患

膀胱炎等の尿路感染症

本来無菌である尿路に主に直腸常在菌が侵入・増殖し、炎症を生じた状態。
場所により、腎盂腎炎、膀胱炎、前立腺炎、精巣上体炎。

前立腺肥大症

前立腺の良性過形成による下部尿路機能障害を呈する疾患。

過活動膀胱

尿意切迫感を必須とした症状症候群であり、通常は頻尿と夜間頻尿を伴う。
診断のために局所的な病態を除外する必要がある。

神経因性膀胱

排尿運動を調節している神経回路が障害を受け、排尿、畜尿からなる排尿サイクル運動に問題が生じた病態 
脳血管障害、脊髄損傷、術後、糖尿病

尿路結石

尿の通り道である、腎盂、尿管、膀胱、尿道をまとめて尿路という。
尿路に結石が存在した時、尿路結石と診断される。

陰嚢水腫

精巣周囲に液体がたまって陰嚢がふくらんだ状態。

性感染症(STD)

性行為で伝播するすべての感染症
尿道炎、尖圭コンジローマ、性器ヘルペス、梅毒、AIDS等。

前立腺がん

50歳以上の男性で増加傾向のある癌。PSA高値となることが多い。

膀胱がん

無症候性肉眼的血尿をきっかけに診断されることがある。確立されたリスク要因は喫煙。

PSA検査

PSAとは前立腺特異抗原:prostate specific antigenの略語。前立腺がんを早期発見するための血液検査法。

内科

感冒、生活習慣病、便秘等に対し、地域かかりつけ医として、一般内科の診察をさせていただきます。

内科の主な症状

  • 血圧が高い
  • 血糖が高い
  • 脂質が高い
  • 咳が出る
  • くしゃみ、鼻水がでる
  • お腹が痛い
  • 便が出ない

内科

疾患

高血圧症

糖尿病

脂質異常症

風邪 感冒

花粉症

胃腸炎

便秘症

自由診療(保険外診療)もさせていただきます

  • 勃起が弱い
  • 脱毛、薄毛が気になる(男性)

疾患

ED 勃起不全

性交時に有効な勃起が得られないため満足な性交が行えない状態

シルデナフィル(服用時間 約1時間前 作用時間約5時間)
バイアグラ(50)のジェネリック 
1錠 800円

AGA 男性型脱毛症

遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因となり、思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていく状態

フィナステリド 2型の5α還元酵素をブロックする。
28日分 5000円

プラセンタ(メルスモン)注射とは?

プラセンタ注射剤は、1956年に承認された医療用医薬品です。国内の感染のない健康なヒト胎盤を原料とした注射剤です。発売以来、重大な副作用はありません。安全にご使用いただけます。

週に1~3回の頻度で治療を行っていきます。症状が改善したら、徐々に回数を減らしていきます。2~3回目で、ある程度の効果を実感される方が多いようです。

注射後に痛みや腫れなどが生じる場合があっても、一時的なもので自然に治癒していきますからご安心ください。

プラセンタの成分、効果

プラセンタには、アミノ酸・ビタミン・ミネラル等が含まれており、人の本来持っている自然治癒力を活性化させると言われていて、様々な疾病や不調などの改善効果が期待できます。

①免疫賦活作用:免疫力を高め、風邪を引きにくくする効果など

②血行促進作用:冷え性、頭痛、肩こり、腰痛などの改善

③抗不安・精神安定作用:不眠、不安、抑うつ感、更年期障害(のぼせ・いらいら)の改善など

④抗炎症作用:アトピー性皮膚炎、湿疹、花粉症の改善など

⑤美肌促進作用:美肌、美白、肌の張り、潤い、しわの改善など

変異型クロイツフェルト・ヤコブ症(vCVD)に対する安全性

これまで、メルスモン注射剤によると思われるvCJDの感染報告はありません。
1980年代~2004年頃まで英国を中心に狂牛病が流行し、その肉の摂取が関連すると思われるvCVDの発症が報告されました。メルスモン注射剤は、この狂牛病が流行した時期に、それらの地域に滞在経験がある方の胎盤は原料として使用しておりません。さらに、製造過程におきまして、塩酸加熱処理、高圧蒸気滅菌を実施しています。

献血制限及び臓器提供制限について

理論的なvCJD等の伝播の危険性を完全には否定できません。このため、メルスモン注射剤を含む人胎盤由来医薬品の使用者は献血できません。臓器提供は原則として控えることが求められています。但し、臓器提供の場合、移植希望者が移植医から適切な説明を受けた上で、提供を受ける意思を明らかにしている場合の提供は可能です。

プラセンタ注射 料金

自由診療注射料金(税込み)

プラセンタ注射
1アンプル 900円
2アンプル 1500円

ジェネリック医薬品を採用しています

ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、先発医薬品と同じ有効成分で効能・効果が原則同一であり、低価格な医薬品。
患者への負担が少なく、当クリニックでは積極的に採用しています。